導入のメリット

データ入力作業の手間が省けます。
また、労基署などへの報告がラクになります。

産業保健業務の効率化・品質向上と、
健康経営のための健康課題の可視化実現を力強く推進します。

具体的なメリット

健診結果の一元管理を実現

健診管理のシステム化は、健診データ形式が健診機関毎に異なるため、データ形式の統一化が課題となります。ヘルスデータバンクでは約2000健診機関とのデータ形式調整実績があり、健診データの一元管理が可能です。

ペーパレスで
煩雑な紙の管理から解放される

インターネットがあればいつでもどこでもデータの閲覧が可能です。また、情報がリアルタイムに更新されるので、健診未受診者の把握や各種検索が容易になります。
過去の情報もすべてシステムで管理されるので、経過把握もしやすくなります。

社員一人ひとりの
健康意識の改善に役立つ

従業員も自分の情報を閲覧することができます。健康状態に不安がある場合は保健スタッフに直接相談できるため、コミュニケーションが取りやすくなります。

産業医判定や労基署への
報告業務がラクに行える

すべてがデータで一元化されることで、産業医判定や事後措置対象者の管理もしやすくなります。また、労基署への報告帳票作成が簡単になります。

人件費削減で大幅な
コストダウンにつながる

健診結果の取り込み人事情報は私たちが担当します。専門のスタッフが入力を代行するので、不正値や必須情報の欠落などを取り込み時にチェックできます。

使える便利な機能

  • 基本機能

    成績自動判定
    健診結果をもとにお客様独自の統一基準での自動判定を実現します。
    産業医判定
    各健診結果に健診機関の判定結果とは異なる、産業医判定や、その他事後措置を実施するうえでの区分等を、追加で登録することができます。
    指導対象者のスクリーニング
    産業医判定や各健診項目結果などで対象者を検索することで、様々な用途でのスクリーニングが可能です。
    面談記録
    健診結果を基に行う面接や保健指導記録を管理することができます。汎用的な面接記録の他、特定保健指導に対応したポイント管理も行うことができます。
    就業制限管理
    産業衛生の観点から、就業を制限しなければならない従業員・組合員を選別、管理し、通知文書等を作成することができます。
  • 健康管理に役立つ機能

    労働時間管理
    労働時間情報を取り込むことで、就業状態を加味したさまざまな対象者抽出が可能です。
    疾病管理
    従業員の診断書を受領した際等に、疾病ごとの状態を時系列で管理することが可能です。
    ストレスチェック
    厚生労働省の職業性ストレス調査票の項目を準備しております。個人のケアだけでなく、職場ごとの比較・分析等が実施できることで職場単位での対策が立てやすくなります。
    疲労度チェック
    厚生労働省が推奨する、労働者の疲労蓄積度自己診断チェックリストをWEB上で実施することが可能です。回答した後、結果を従業員にフィードバックすることが可能です。
    アンケート機能
    従業員・組合員の生の声を吸い上げるためのツールとして、アンケート機能を用意しております。お客様独自のアンケートを従業員・組合員向けにWEB上で実施することが可能です。
    従業員本人による健診閲覧
    健診結果を経年表示、詳細な単年度表示で確認することが出来ます。
  • 作業を楽にする機能

    保険者へのデータ提出
    特定健診・特定保健指導データを国の標準フォーマット(XML)で出力することができます。
    労基署報告集計各種サポート
    労働基準監督署に報告するための集計及び報告書作成を簡単に行うことができます。
    人事情報の更新
    労働基準監督署に報告するための集計及び報告書作成を簡単に行うことができます。
    健診機関とのフォーマット調整
    健診機関とのフォ-マット調整を行います。
    健診結果登録のアウトソーシング
    健診機関から弊社へデータを直送していただくことで、フォーマット調整やデータ管理することなく健診結果をシステムへ登録することができます。

さらに「健康経営ダッシュボード機能」で、
健康経営への課題を明らかに!

  • 自組織分析

    社員の健康状態を、生活習慣などさまざまな角度から把握することができます。

    例)●組織別の生活習慣状況
    ●飲酒習慣とストレス状況
    自組織分析
  • 他社比較分析

    自社とヘルスデータバンク利用企業の各指標における平均値を比較し、自社課題を客観的に把握することができます。

    例)各種指標値のヘルスデータバンク利用企業の平均比較
    ※健診受診率、有所見者割合、メタボ割合等
    他社比較分析
オプション「リスク予測分析」で、
組織の将来の健康を予測!

リスク予測分析

健康診断データを活用した、AIによる「生活習慣病の発症リスク予測」を行います。

例)●組織別の生活習慣病発症高リスク者割合
●従業員別の生活習慣病発症予測結果
●組織別の休職高リスク者割合
「リスク予測分析」で、組織の将来の健康を予測!